本成の「カップ麺を語る」ブログ

どーも本成です。当ブログではコンビニに売っているカップ麺を、だいたい月に一度くらい紹介していったりしていきます。他にも実況動画や歌ってみたを主に作っており、たまにイラスト描いたり、極稀に小説書いたりします。今は忙しい時期ですが、この平凡人間、本成をよろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

D.D 第十六話 二世への手紙(炎帝編)

十六話完成!

いよいよ終盤ですよ!

最終話多めに作ります! が、

この十六話 炎帝編は何故か最終話ではありません・・・


・・・それはこれを見てから判断してください。どうぞ




midiファイルを聞くにはプラグインが必要です。



PM 22:00


炎帝「松山遅いな~馬路何やってんだろ」

AD「朝から夜まで外出する松山なんて始めてだぜ・・・」

佐々木&アーティス「俺もこっそり起きてるんだが」

炎帝「いたんだ」

佐々木「いましたよ#」

炎帝「それより御前等はもう寝ろ。明日は緊急会議を行なう」

アーティス「緊急会議って何をするんだ?」

炎帝「明日を待つんだなww」

アーティス「チッ、仕方ないな。今日は寝てやるよ」

佐々木「じゃあ俺も」


炎帝「AD、御前もだよ」

AD「ゑ、俺も寝るのか・・・仕方ないな」


その頃の松山


うぃっしゅ「あ~~眠い・・・」

うぃっしゅ「でもこの肉体は凄いな。自分でも驚きだ」

うぃっしゅ「それより早く寝たいわ・・・」


それから10分後・・・


うぃっしゅ「ただいま~」

炎帝「お、松山!御前何処行ってた!」

うぃっしゅ「大声出すなよ・・・じゃあ隊長だけに教えるよ」


炎帝「・・・ほう。だからガストで肉系たくさん食ったり、トレーニング場行ったりしてたのか」

炎帝「実は俺等、御前の行動を監視してたんだぞww」

うぃっしゅ「監視・・・つーか、御前等もガスト行ってたんだ」

炎帝「気づかなかったのかよww鈍感だなww」

うぃっしゅ「ダマリナサイ。そういえばADは何で起きてねーの?」

炎帝「明日の会議の為だ。御前も早く寝れ」

うぃっしゅ「会議?何の会議だ?」

炎帝「御前だけ教えてやろう」

炎帝「二世への再挑戦についての会議だ」


うぃっしゅ「ゑ、また二世と戦うのか?」

炎帝「俺等は覚醒という奥義がある。火縄銃も分捕れた」

うぃっしゅ「覚醒・・・懐かしいな。龍鬼との戦いと二世との戦いでは覚醒など使用できなかったが、いつのまにか使えるようになったんだよな」

炎帝「そうだ。俺達は一段強化された。2回目は勝てるかもしれん」

うぃっしゅ「そうか・・・じゃあ隊長の命令だ。もう寝るよ」

炎帝「おう。明日を待て」



翌日


炎帝「おい、起きろ~会議始めるぞ~」

アーティス「ファァ・・・ハヤイナァ」

AD「ドコゑアツマンノ?」

うぃっしゅ「アト5フン・・・」

佐々木「トコロデ、ナンノカイギスンノ?」

炎帝「背筋!!」

ビシッ!

炎帝「あの食卓テーブルへ集まってくれ」


炎帝「よし、じゃあ用件を言うぞ」

炎帝「用件は・・・二世へのリベンジだ!

佐々木「リベンジって・・・」

アーティス「第五話のリベンジか?」

炎帝「そう。以前と比べて俺達は強くなった」

AD「・・・何故そう思う?」

炎帝「松山よ。例の技を見せよ」

うぃっしゅ「おk。はああああ!!!!

炎帝「これだ」

他の3人「・・・はぁ?」

炎帝「ガクッ」

炎帝「仕方ない、教えてやろう」

炎帝「御前等の度忘れかもしれんが、これは覚醒という奥義だ」

うぃっしゅ「俺の計算では、全員覚醒できるな」

アーティス「馬路で?今していい?」

炎帝「覚醒はある程度力があると、地が割れる可能性もある」

炎帝「御前等は自分の話の終わり頃などに練習でもしろ」

4人「フェーイ」


炎帝「さて、そろそろ二世に連絡を・・・」

佐々木「何で連絡すんの?電話か?」

炎帝「手紙だww」

AD「・・・大丈夫なんだな?前回は断られたが」

うぃっしゅ「送る時は俺の魔法で送ってやるよ」

炎帝「よし、書くぞ(カキカキッ」



炎帝「これでよし」

うぃっしゅ「手紙の内容は読者に見せるのか」

炎帝「いや、見せないほうがいい。所詮二世(本)が書いたことになる」

炎帝「それに奴は日本語はカスレベルだから見せたらまずいだろ?」

4人「確蟹・・・」

二世「OTTTTTTTTTTTTTTL」

炎帝「じゃあ松山。この手紙を瞬間移動させてくれ」

うぃっしゅ「おk。テレポ~」


シラー

うぃっしゅ「送りましたけど)何故時化る」

炎帝「まあいい。解散だ」




二世(偽)「郵便だ。何だろう」

二世「ん?あいつらか・・・用件は・・・」


二世「ほう、なるほど・・・また俺と勝負を」

二世「その喧嘩、買ってやるぜ・・・」


二世「アーデモテガミダスノメンドイ。アシタダスカ」





いよいよ二世のリベンジが始まるよ~


どうなるのでしょうか~

じゃあ学校いってきmath (今日数学有)
関連記事
スポンサーサイト

書き下ろした小説等用のゴミ箱 | コメント:0 |
<<更新 | ホーム | D.D 第十五話 松山の筋肉 (うぃっしゅ松山編)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。