本成の「カップ麺を語る」ブログ

どーも本成です。当ブログではコンビニに売っているカップ麺を、だいたい月に一度くらい紹介していったりしていきます。他にも実況動画や歌ってみたを主に作っており、たまにイラスト描いたり、極稀に小説書いたりします。今は忙しい時期ですが、この平凡人間、本成をよろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

一日記 ドクオ二世さんの、いいこと+

タイトル、パクリ+自画自賛のような感じ……なんか思うな!俺ちょっと、自分のことについていろいろ語ってみる。

まあ今の高校生活についてです。友達がまだ一人しか作れていない俺がいうのもアレですが、ちょっと今日はまともなことを物申してみる。


初めての友達の輪とは何か。長年付き合ってきた友達の輪……もう1つは親友の輪。

初めての友達の輪は、結び上がったばかりの輪。輪ゴムのような。

はさみで切れてしまうぐらいで、初見で人を判断してみれば、この人はいい奴だ。or感じ悪っ。

など、二種類のことばが発する。

二つ目に長年付き合ってきた輪。俺が小中学時代ぐらいの時を表すだろう。

この時が一番、頼りある奴がたくさんいた。けれどそこまで親友までは通り越していない友達。いわゆる、硬いゴムで結ばれ、はさみで切るのが難しいゴム。

最後は、親友の輪。簡単に言えば共に助け合える友。喧嘩してもすぐに仲直りできる最高の証を持ちになる。

輪は、どんな刃物でも切れないもの。ましては貫通させることもできない。ハート型の輪。

桃色から真珠色に変色する、認められた二人しか触れることができない輪。そして永遠にそのままでいられる。

このように、3つの輪が、俺の脳内に存在した。俺の一人の友達はまだ輪ゴムの性質でできている。しかも作りたてだ。

人はいずれ、輪ゴムからハートの輪へと変化する。それは自分が、信頼される人であれば。


はい、終了~。



なんだこれ。とか言う人いるだろうなぁ……。因みに休み時間に考えてたことです。

注目すべきは3つの輪。ただ友(ただの友達)と親友は、差が全く違いますからね。そっから即興で考えました。

βでしたけど、くさかったけど、ブログやツイッターでしか言えない独り言でございますよ。

今日はここまで。こんなこと学校で呟いたらひかれるわな……。
関連記事
スポンサーサイト

一日記 日常・他 | コメント:0 |
<<一日記 モンハンさーど狩帳 | ホーム | 一日記 新ジャンル {モンハンさーど狩帳}>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。