本成の「カップ麺を語る」ブログ

どーも本成です。当ブログではコンビニに売っているカップ麺を、だいたい月に一度くらい紹介していったりしていきます。他にも実況動画や歌ってみたを主に作っており、たまにイラスト描いたり、極稀に小説書いたりします。今は忙しい時期ですが、この平凡人間、本成をよろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

一日記 火の海に潜む竜。略して火竜?絶対違うなぁ

タイトルふざけすぎだ(

と、その前に、昨日の一日記のことですけど、今回も二日分とさせていただきます。

一昨日ね、深夜バラエティを見る為に、10時ぐらいから勉強してその後に見るつもりだった。

しかし、自分の部屋に入った途端、ちょっと一休みの為にベッドに横になった。

そこでなんと、8時間寝てしまい、翌朝を迎えてしまったのです。

こんな勿体無い日、何年ぶりだろう。もう床殴ったし(

疲れがたまる毎日だから、ついに爆睡してしまった訳で、一日記も書けなかったということです。

さぁ、本題に入りましょう。↑の文は昨日の分でよろしいね?(コラ


@11 狩帳もいよいよ11まできましたねぇ。


……なんで10番目で言わなかったんだとかそういう突っ込みは受け付けませんので、ご了承ください。

で、★5の最後のキークエ、炎戈竜アグナコトルと勝負。

初戦となりますが、こいつでかいですね!見た目もアツアツだし、最初の火山にいたウロコトルの成体なんですね。

ルドロス→ロアルドロスとなったけど、ウロコトル→アグナコトルというのはちょっと強化しすぎでは?

そんで、奴の攻撃パターンはですね、地味に派手。まあ3rdから大体派手にしたが。

まずは突進。基本中の基本の技だがこを避けるのは結構辛いはず。

アグナが3歩ぐらい下がり、そっから高速で滑ってくる。

この突進、なんと自分が走っている方向に予測して向かっているのか、誘導が結構あってかなり避けにくい。

初めての人は絶対辛いと思う。ディアブロスと同じ位にたっているからな。弱くはない。

そして派手な技の炎レーザー。これがまたあのトラウマのグラビモスを思い出す。

あのレーザーは本当に避けづらかったから、今回代わりにこいつが使うと思いだしてしもて。

しかもこいつ、なぎ払いブレスという技があって。適当に首を回し、あらゆる箇所にレーザーを照射し続ける。

見た目がやばい。攻略は奴の胸部分のところにいればいいんだが、ガンナーとか結構キツイはず。

そしてなんとね、こいつは普段、くちばしから尻尾まで溶岩をまとっているが、

溶岩に潜らず、一定時間経つと、溶岩が溶け、奴の体全体が黒くなる。

その時、全体が真っ黒であればすべて攻撃が弾かれる。なんということだ……。

しかし、自身も裸姿ではいたくない様子。溶岩が溶けると、大体は自分で潜り始めることが多い。

潜り攻撃も鬱陶しい。走っていれば避けれるが、スタミナを上手く使わないと喰らってしまう事も。

あと最後に!こいつの攻撃の多数は火属性ダメージ{小}が付加してある。

これはスキルの火耐性{小}or{大}か、ドリンクの{灼熱しるこ}を飲むと難易度が大きく変わるかも。ドリンクは結構便利。しるこを飲むと、火耐性がアップし、火属性ダメージ{小}は無効になる。

しかし俺はちょっとジンオウ装備をちょっと改造して火耐性{小}を取得させる。たしか回避距離もついていたっけ?結構楽だった気がする。

注意すべきは突進となぎ払いレーザー。こいつは接近戦で戦うと吉であるかもしれぬ。

俺はいつもの青熊薙で溶岩部分を斬りまくる。接近戦でやりたいところだが、やはり突進は避けにくい。突進で回復薬多くつかってしまったが、ディアブロスよりちょっと下だった。

いよいよ緊急クエストがでた。3rd初の古龍、ジエン・モーラン。こいつがギルドマスターからによる真の狩りを味わうことができる敵。

こいつ、噂では楽しい敵だと言ってた。次回の狩帳も楽しく書けそうだ。


@11はここまで。アグナコトルは上位になると難易度がかなり変わるかもしれない。攻撃力が上がる訳だから、突進が痛いはず。

今日はここまで。明日は新たなDLクエだ。あっさり終わらせてやるぜ……。


因みに雑貨屋で戯言集を更新しました。重要なはずなのでご覧下さい。
関連記事
スポンサーサイト

一日記 モンスターハンター | コメント:0 |
<<一日記 今日のDLクエスト | ホーム | 一日記 2ndGの頃のトラウマ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。