本成の「カップ麺を語る」ブログ

どーも本成です。当ブログではコンビニに売っているカップ麺を、だいたい月に一度くらい紹介していったりしていきます。他にも実況動画や歌ってみたを主に作っており、たまにイラスト描いたり、極稀に小説書いたりします。今は忙しい時期ですが、この平凡人間、本成をよろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

一日記 凶悪な奴ら

さて、狩帳の時間でございます。今の時期、本当に書くことないもんで……。

おまけに毎日疲れて寝たりゲームしたりで、宿題はおろか、小説やイラストまで手を出せない様子。

高校生になってから人間性が失ってきたのかな。なんかもう番組見て一日を過ごしてしまって自分でも嫌になってきた気がする。

勉強ほんまに難しいし、テストも自信無い。こうなったら徹夜しよう。小説と勉強とガキ使見て寝ることにする。決めた決めた!

というわけで、狩帳スタートです(


@18 にっくき雷狼竜2匹を倒し、HR6というトップを掴んだ。

因みに今回も原種より亜種を中心に進めていく予定。

まあいつも通りキークエのみを狙う。まあ大体亜種だろうけど。

最初に原種とかを頑張って狩猟。先にやっておかないと、亜種はクエストに出現しないのだ。

それを終え、俺はディアブロス亜種に挑戦してみた。

原種でもかなりの戦闘力を持ちながら、亜種では黒い鬼嫁(雌)となってきおった。

原種との違いは、技追加と、怒りやすくなった。

こいつやばい。馬路強い。2ndGのG級の{黒のファランクス}のディアを思い出す。凶悪過ぎた。あいつは。

はっきり言って、原種より攻撃する隙が減った。追加技は大したことないが、角振り上げを使う確率が高くなったかも。

攻撃力も結構なもの。怒り状態の突進はやばいダメージ。

結果は0乙でクリアしたが、回復薬を使った量はかなり多め。流石HR6の暴君だ。片角のマオウには敵わないが、全モンスターの飛竜種の中でも上位に入ること間違いない。

次にティガレックス亜種に挑戦。

別名は黒轟竜。あの凶悪野郎が亜種として登場。

亜種ってなんか、かなり人気があったっぽい。コンビニでティガレ亜種に関連する商品がレウス、ジンオウガと並んでいたんですよ。

で、原種との違いは、技追加ぐらいかな。

しかしその技は、バインドボイス{特}を利用した、大咆哮という技。怒り状態のみに使い、突進キャンセルからの大咆哮や、2歩ぐらい下がっていきなりやってくることも。

後者が厄介だと思われる。むやみに顔を斬っていると、大咆哮の範囲に入ってしまい、大ダメージを受けてしまう。

大咆哮は、割と判定が小さめ。範囲外だとバインドボイス{大}と同じ。

大咆哮の威力は、ドボルベルクの大ジャンプ攻撃とほぼ同じかな。

しかし全体的に攻撃は原種と一緒。懐を斬りまくっていたら、いつのまにか瀕死状態となっていた。

捕獲成功。亜種と言っても、2ndGでは経験者だ。G級ミラルーツまでほぼ一人でやってきたのだ。眼中にねーよ!

ちょっとこっから道のりが長くなる。一先ず休憩で、よろし?


@18はここまで。いやーディアブロスは凶悪であったが、ティガレはなんだ?パターンはもう慣れ慣れでへっちょすぎたぞい。

まあ問題はトライ初登場の敵が問題だ。凶悪な敵が亜種となってさらに凶悪になるんだからなぁ。

今日はここまで。最近暑い。松岡修造は今が活動場だな。
関連記事
スポンサーサイト

一日記 モンスターハンター | コメント:0 |
<<一日記 3か月ぶりの実習 | ホーム | 一日記 {勉強}という言葉が頭に入らない>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。